神社で金運をアップさせよう

金運アップに効果的な神社で幸福度をさらに高めよう

「神社でいつも金運アップのお願いをしているのに、なかなか金銭面が豊かにならない…」そんな悩みを抱えた方はいらっしゃいませんか?
もしかしたらそれは、神社での参拝方法が正しくないために、神様にあなたの願いが伝わりにくくなってしまっている可能性があります。
当サイトでは、正しい参拝方法の仕方をご紹介しています。

もし参拝方法をあやふやな状態で覚えてしまっている場合は、確認も兼ねてしっかり読み解いておきましょう。
神様に失礼のないように、ゆっくり丁寧な参拝を心がけることで、あなたの願いもきっと叶えやすくすることができるようになるでしょう。

またどの神社も、特にアップさせやすい運気が決まっています。
極端な例ですが、安産に特にご利益のある神社で金運アップのお願いをしても、急激に金運を高めることはできません。
金運アップを目的として神社にお参りをしに行くのなら、事前にその神社が金運アップに特化しているのかどうか調べる必要があります。
当サイトでも、東京、京都、千葉の金運アップにご利益のある神社を紹介しています。
金運に効く神社をお探しの場合は、是非参考にしてみてくださいね。

正しく神社の参拝方法を確認して金運を高めよう

1、一礼してから鳥居をくぐろう
鳥居の先は神様の神聖な領域です。
なので、鳥居をくぐる前に必ずゆっくり一礼をしましょう。
一礼を済ませたら鳥居の先に入りますが、その時の注意点として、現在立っている場所が道の左側の場合は、左の足から歩いて鳥居の先に入るようにしましょう。
また、右側に立っている場合は右足から歩いて鳥居の中をくぐるようにしましょう。

2、参道の真ん中は歩いてはいけない。
参道の真ん中は神様の通る場所です。
神様が通る場所を堂々と歩いてしまっては神様に失礼に当たります。
参道を歩く際は真ん中をよけて、静かな心で歩くようにしましょう。

3、手と口を手水舎で清めよう
参拝をする際は、必ず手と口を清めましょう。
手と口を清めることによって、今まで貯め込んできた目には見えない負のエネルギーを洗い流すことができます。
手水舎で清める手順としては、まず右手に杓を持って左手を洗い、次に左手に柄杓を持ち替えて右手を洗います。
そして、また右に柄杓を持ち、左手に水を注いでその水を口に含み、清めましょう。
この時、柄杓に直接口をつけて水を飲むのは無礼とされているので、絶対に間違えないように注意してください。
最後に、残ったお水で柄杓の柄を洗いましょう。柄杓を立てにして柄に水をかけて洗い流してください。
これで手水舎での手と口の清めは完了です。

4、なるべくど真ん中で参拝しない。
お正月などは参拝客で混雑しているため、参拝場所を選べないこともあるかもしれませんが、なるべく真ん中での参拝は避けるようにしましょう。
参拝の手順としては、拝殿の前で軽くおじぎをしてからお賽銭を入れて下さい。
次に深く2回おじぎをし、2拍手します。
そしてもう一度深くおじぎをしてから、さらに軽くおじぎをして終了です。
これらを正しく行い、神様に失礼のない参拝を心がけ、金運アップに励んでいきましょう。

願い事を叶えやすくするポイントを探り、神社で金運UPを狙う

周囲の人々と同じように参拝していても急激な金運アップは見込めませんよ!
さらに金運を高めるためにも、神様にお願いする際のポイントをしっかり読み解いてから参拝をする必要があります。

まず、神様に願い事をする際は、自分の名前と住所をしっかりお知らせすることが重要です。
自分の名前や住所をしっかり神様に伝えておかないと、どこの人がどの願い事をいったのか、神様も混乱して願い事が聞き届けられにくくなってしまいます。
なので、自分の居場所をまず最初に神様に伝え、他の誰よりもちゃっかりラッキーを掴めるようにしておきましょう。

また、願い事を神様に伝えた後は、しっかりと感謝の言葉を伝えるようにしましょう。
いままで平和に過ごすことができたのも神様のおかげです。ありがとうの気持ちを伝え、これからも幸福が続くよう祈るようにしましょう。